葬送のフリーレンがなろう系マンガとして面白い?マンガ大賞2021でアニメ化は?

葬送のフリーレンはなろう系?

「葬送のフリーレン」が2021年のマンガ大賞を受賞!!そしてなにやら話題になっています!

この葬送のフリーレンは少年サンデーで連載されていた漫画ですが、なろう系・なろう漫画ともいわれています。

といってはいますがこの「なろう」って一体何なのでしょうか?

正直私はわからなかったので、この「なろう」が意味するところが何のか調べてみました!!

また、マンガ大賞を受賞した葬送のフリーレンは面白いという評価もありますが実際のところどうなのかについてもこちらにまとめました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

葬送のフリーレンはなろう系?それって何?

葬送のフリーレンは少年サンデーで連載されている漫画。

そして、なろう漫画としては面白いといわれることもありますが、そもそも「なろう」って何なのだろうと思ったのは筆者だけではないはず。

なろうとはジャンルを指す言葉のようなのですが、そのジャンルが何なのかが明確に定義されているものはほぼないです。

とはいえ一ついえることがこちら。

小説家になろうの「なろう」

なろうとは何なのかを説明するとすると、小説家になろうに投稿された作品のことを示す言葉として言われている。

これはなろう系とは何なのかということを説明する一つに過ぎないのですが、小説家になろうとは日本最大級のオンライン小説サイトで一次創作作品を主としたものです。

つまり、小説家になろうに投稿された作品であればなろう系のマンガといえるようですね。

ただし、葬送のフリーレンは小説家になろうに投稿された作品ではありません。少年サンデーで連載のマンガですので。

なろう系の原点はこの小説家になろうに投稿された作品のことといわれていますが、2004年に小説家になろうが設立されそれから16年近くたちます。

その間になろう系はこの小説家になろうに投稿された作品だけでなく、主とするジャンルとして変わってきているようなんですね。

2016年ごろからなろう系は異世界転移・転生というジャンルが目立ちましたが葬送のフリーレンはどのような漫画なのでしょうか?

スポンサーリンク

葬送のフリーレンは面白い?

なろう系は異世界転移・転生というジャンルということですが葬送のフリーレンは魔王を倒した勇者一行のその後を描く物語。

実際に読んだ人からの評価も高く面白いと話題です。

異世界転移というのは現代社会にすむ主人公が異世界に転生したり、異世界内で二度目の人生を歩んだりするものといわれていますが、葬送のフリーレンの物語とは少し違うように感じますよね。

なろう系が今、異世界転移から現代ダンジョンというものに変わってきているということでこの現代ダンジョンが何なのかを調べてみました。

現代ダンジョンについても明確な定義はないもののロールプレイングゲーム(RPG)などに登場する迷宮ということも言われているため葬送のフリーレンはこの現代ダンジョンの方が異世界転移より近いものがある。

そんな葬送のフリーレンですが、今までの冒険物語と観点が違っていて魔王を倒した後の話。通常であれば魔王を倒すために冒険するという話が多いが違うところが面白い。

まだまだ完結していないので今後が楽しみですね!

 

タイトルとURLをコピーしました