マクドナルドのハワイアンパンケーキはいつまで(終了)?販売時間、カロリー、値段も!

マクドナルドのハワイアンパンケーキの販売時間は?いつまでで終了?

マクドナルドの「マックでどこでもハワイ!!」キャンペーンが8月5日からスタート。ハワイ州観光局公認のハワイを感じさせてくれる商品が販売開始となりました。

そのどこでもハワイのラインナップの一つ「ハワイアンパンケーキ キャラメル&マカダミアナッツ」。

名前からしておいしそうですが、このハワイアンパンケーキは期間限定販売。

ということで、マクドナルドのハワイアンパンケーキの販売期間がいつまでなのかとそもそも販売時間帯がちょっと謎なので実際に食べてみて調べてみました~

マックのハワイアンパンケーキの感想はこちらで紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マクドナルドのハワイアンパンケーキはいつまで(終了)

期間限定のマクドナルドのハワイアンパンケーキ。一度はどんな味か食べてみたいと気になっている人もいるのではないでしょうか。

販売期間は8月5日~という情報しか公式サイトには記載されておらず、売り切れ次第終了の可能性が高いです。

マクドナルドの期間限定商品は人気のものから売り切れとなってしまい販売が終了となるパターンがほとんどです。

なので、今回のハワイアンパンケーキも早々に終了になってしまうかもしれません。今までの販売期間から予想すると8月いっぱいまでは楽しめる可能性が高いです。

※販売開始から1週間すぎた時点では問題なく購入できています。

 

マクドナルドのハワイアンパンケーキの販売時間帯は?

ちょっとここで気になるのがパンケーキの販売時間帯。

このハワイアンパンケーキはマックグリドルと同じパンケーキを使用しています。この情報を元もと知らなかったのですが、蓋を開けた瞬間、マックグリドルだとすぐわかりました。

見てください。

そこで、改めてふと思ったのが、マックグリドルということは朝マック!?

でも、10時30分はとっくに過ぎているお昼ご飯の時間帯に食べたんです。このハワイアンパンケーキ。

ということは、販売時間帯は朝マックに限らないということですね。

他のどこでもハワイキャンペーンのハンバーガーは朝マックの時間帯は販売していませんがこちらのハワイアンパンケーキは朝マックも朝マック以外の時間帯も買えるようです。

マクドナルドのハワイアンパンケーキのカロリー、糖質は?

マックグリドルにソースがキャラメル&マカダミアナッツというなんともハイカロリーな感じのハワイアンパンケーキ。

実際のカロリーはというと、やはり高め。

カロリー:400kcal
炭水化物:51.3gマクドナルドには糖質という表記はないので、炭水化物の表記を載せています。

マックグリドル=パンですから炭水化物も多いですよね。

チーズハンバーガーと同じぐらいの重量になるのですが、カロリーだけ比べてしまうとチーズバーガーは307kcalなのでカロリーの高さがわかりますね。

とはいえ、一つで500kcal以下に抑えられています。

マクドナルドのハワイアンパンケーキの値段は?

どの時間帯でも購入することができるハワイアンパンケーキ。

値段はというと、290円(税抜)です。

マックグリドルの一番安いマックグリドルソーセージが150円ですから、それと比べてしまうとちょっと高いと思ってしまいますが、

期間限定食品で、ソースのキャラメル&マカダミアナッツも付いていますからいたしかたないのかもしれません。

でも、ちょっと高いような。。。

そんなときにおすすめがマックのクーポン。現在は、アプリで10円の割引の280円で買えるクーポンがありました。

少しでもお得にであれば、アプリのクーポンを使うのがおすすめです!!

 

最後に

マクドナルドの期間限定商品であるハワイアンパンケーキキャラメル&マカダミアナッツ。

販売期間と販売時間帯はこのようになっていました。

■販売期間(いつまで?)
・8月5日~8月下旬頃の予想
※終了は商品がなくなり次第となるため明確な期間の表記はありません。
■販売時間帯
・常時販売中
朝マックでも朝マック以外の時間帯でも購入できます。

そして、値段やカロリーについても少し高めとなっています。

とはいえ、一度は食べてみたいこの商品。なくなり次第終了なので気になったときに行ってみたら買えなかったとならないように早めに購入をおすすめしますよ。

買う前にどんな味だったか確認したいという場合は、こちらで口コミ、感想をまとめています。

タイトルとURLをコピーしました