土用の丑の日にやってはいけないことは土いじりと草むしり?その他やってはいけないこと

土用の丑の日と言えば、うなぎが思い浮かびますよね。

我が家では、いつも通りの日常を過ごしながら、夜はうなぎをおいしく頂くのが定番の過ごし方です!

しかし、土用の丑の日にやってはいけないことがあるのです。

今回は、土用の丑の日にやってはいけないことや対処法をまとめてみましたので、一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土用の丑の日にやってはいけないことは何?

土用の丑の日にやってはいけないこととして何があるのかというと、次のことがあります。

〈土用の丑の日にやってはいけないこと〉
・土いじり
・旅行
・引っ越し
・買い物(食料品・日用品除く)
・新居購入
・就職や転職
・結婚
・開業

こんなにたくさんあるとは驚きますよね!

これらを見てみると、土用の丑の日に何か新しいことを始めるのは控えた方が良さそうですね!

土用の丑の日は年によって変わるので、毎年カレンダーでチェックしてみましょう。

ちなみに土用の丑の日は、その日一日を指すのではなく、土用の期間になります。

季節ごとに18日間ありますので、確認してみましょう!

【2022年 土用の期間】
冬の土用:1月17日(月)~2月3日(木)
春の土用:4月17日(日)~5月4日(水)
夏の土用:7月20日(水)~8月6日(土)
秋の土用:10月20日(木)~11月6日(日)

この期間のうち、「うなぎを食べよう」とされている土用の丑の日は、7月23日(土)と8月4日(木)
の二日間となります。

土用の丑の日に草むしり(草刈り)はしてはいけない?

土用の丑の日に草むしり(草刈り)や土いじりはしてはいけないと言われています。

その理由は、「土公神という土の神様が怒ってしまうから」です。

土公神は様々な読み方があり、「どこうしん」「どこうじん」「どくしん」「どくじん」と読みます。

土公神は土用の日に土に宿り、ゆっくりされます。

そのため、土用の期間中に草むしり(草刈り)をしてしまうと、土公神が怒ってしまうのだそうです。

草むしり(草刈り)の他にも、ガーデニングや畑作業、鉢の植え替えなどの土に関わるものはしてはいけません。

だからと言って、土用の期間中に庭や畑を放置しておくことはできませんよね?

そのような場合は、「間日(まび)」を利用しましょう!

間日の間は土公神が土から出られ、天上界に行っています。そのため、間日の間は土を動かしても良いのだそうです。

【2022年 間日】
冬の間日:1月25日(火)・1月26日(水)・1月28日(金)
春の間日:4月22日(金)・4月23日(土)・4月26日(火)・5月4日(水)
夏の間日:7月25日(月)・7月26日(火)・7月30日(土)・8月6日(土)
秋の間日:10月21日(金)・10月23日(日)・10月25日(火)
11月2日(水)・11月4日(金)・11月6日(日)

土用の丑の日に土いじりをしてしまったら?

ここまで、土用の丑の日の土いじりについて話してきましたが、うっかり土いじりをしてしまうこともありますよね?

私も調べるまでは、土用の期間がこんなにも長いとは知らなかったので、きっとどこかでガーデニングやらいろいろやっていたと思います…。

結論から言うと、土用の期間に土いじりをしてしまっても、不幸を引き寄せるわけではありません!

あくまで昔からの言い伝えであり、必ずしも守らなければいけないというわけではないようです。

なので「土用の丑の日に土に関わることをしてしまった…」「土用の期間に家族で旅行に行ってしまった…」と不安にならなくても大丈夫ということです!

大切なのは土をいじったかどうかではなく、土の恵みに感謝するということです。

いつも恵をくださる土に感謝し、労わる気持ちを忘れずに過ごしていきましょう!

もし、土用の丑の日に土いじりをしてしまった場合は、「おやすみのところ、土を動かしてしまってごめんなさい。」と心の中で謝りましょう。

謝罪と共に、「いつもお恵みをありがとうございます。」と感謝の気持ちも一緒に添えると、より良いかも知れませんね。

土用の丑の日に旅行や引っ越しはしてはいけない?

土用の丑の日に土いじりをすることはいけないと分かっていただけたと思いますが、その他にも避けた方がいいことがあります。

土用の丑の日には旅行や引っ越し、買い物などの場所を変えることもNGなんですね。

冒頭にも触れていますが、理由も含めて詳しく見ていきたいと思います。

【場所を変えること】
・旅行
・引っ越し
・買い物(食料品・日用品除く) など

土用の期間中は、どの方角も良くないと言われています。

そのため、土用の期間は移動を避け、家でおとなしく過ごすといいとされています。

【新しいこと】
・新居購入
・就職や転職
・結婚
・開業 など

土用は季節の変わり目に当たり、心身の不良が出やすいと言われています。

やはり、土用の期間は家でゆっくり身体を休めることが大切です。

季節の変わり目は、なにかと調子が崩れやすいですよね。

身の回りの環境を整えることで、次の季節への運気を上げていきましょう!

土用の丑の日についてのまとめ

今回は、土用の丑の日について見ていきましたがいかがでしたか?

今まで知らなかった内容もたくさんあったかと思います。

やってはいけないことと言われると不安に感じるかも知れませんが、大丈夫です!

今日知ったことを知識として頭の片隅に残しておくと、今後の何かに役立つかも知れませんね。

もし、周りに知らない方がいれば是非共有してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました